定期演奏会が終わり、そろそろ12月。


雪も降るし、もうさむくてさむくて…


冬ごもりできたらいいなーとか思っています。


新しい体制になってもう3週間くらい経って、

もうお役御免の元隊長なんだなーと実感しております。


この時期になって定期演奏会のこと書こうと思ったわけですが、

半ば思い出になりかけているので、

思いついたことをつらつらと。


正直去年は定期演奏会をやることになるとは思ってもいませんでした(笑)


新入生が入ってくる4月にはもう引退かなーとか考えておりました。


が、現実はわからないもので結局1年半隊長やってましたし、定期演奏会もやりました。


何かが変わったのかというとそうでもないです。


でも、新入生も入ってきて練習をしているうちに

このメンバーで演奏会やりたいなーと思うようになっていました。


練習したり遊んだりといろいろしてるうちに、

彼らと音楽を通して何かかたちに残したい、とか思ったのかもしれないです。


そんなこんなで演奏会やるわけになったわけですが、

まずはテーマ決め。



9代目で集まる機会は少なかったですが、何とか意見をもとめた結果…


お客さんも自分たちも楽しめる演奏会。



最初はアバウトすぎて禿げそうでしたが、

ちゃーりーから意見もらいつつ、なんとかまとめることができました。



結果、演奏会全体が物語調で進行するやり方をとることに。



ちなみに、音楽の旅人というタイトルは

私たちほくすいブラスの団員も音楽を通して旅を続ける、音楽の旅人のようで

ありたいという願いが込められていたりします。


そして曲を選び練習。


いざ練習となったらやはり彼の協力が必要でした。


我らがもらしマン、さりょー。


彼の知識と経験が、曲つくりにおいて、

演奏者が安心してついていくことができました。


いろいろ問題も起きたけど、彼が最後まで一緒に活動してくれて

頼もしかったです。


準備、そして当日。


当日は何かとバタバタしましたが、

ブラスに入ってから初めての、予定通りの動きができました。


こんなに時間通りにすすんだのは、初めてかもしれない。


それも、当日積極的に手伝ってくれたみんなのおかげですね。


急な依頼にも対応してくれたなっちゅん、

そして、機転の利く準備をしてくれたコシヒクにも感謝しています。


そんなこんなで無事演奏会も終わり、

「新波の」9代目として、認めてもらい

荒波を乗り切ることができました。


正直、当日まではどうなることか、気が気でなかった今回の演奏会。


それが、今ではやってよかったなーと思える。


不思議ですね、今年の初めに引退しようとしていたヤツが(笑)


当日何人の人が楽しんでくれたかはわからないですが、

個人的にはとても楽しかったと改めて感じています。



さいごに、

9代目に最後までついてきてくれた、8代目、10代目、11代目、12代目のみんな

本番までがっつり参加してくれたぎょらんさん、うちこさん

そして札幌からかけつけてくれたつばてぃーさん、

スライド、音楽を担当してくれたひろみさん


本当に感謝しています。

ありがとうございます。


まあ、まだブラスにはいるんで、

みなさんこれからも何かとよろしくお願いします。