事の重大さに気付いたのは練習開始の4時間ほど前。










私は実験を終わらせ、いつものように帰路につきました。











何気なくチェックした携帯、そこに一通のメール。












宮下『マリンと俺練習遅れます。』











なるほど仕方がない、と思う私。












宮下『あと、そのあと生物の縦コンあるから俺練習行けないかも。』











なるほど、仕方がn・・・・・・・・














!?!?!?












あれ。







ひょっとしてこれ、しばも来れないんじゃね?










問 xについて一次方程式を解け
(三年目)―(宮下+小山+柴田)=x

解 x=其田










ひょっとしなくても3年目私一人です。









いや、仕方がない、ここは隊長としての威厳を発揮し、さらっと合奏をこなしてやろう。
とりあえず、何やればいいか確認だ。









(柴田との電話)
私「何合わせたらいい?函館の女?ゲバゲバ?」
柴田『あーとりあえずさー第一組曲の2楽章と3楽章通せるようにしといてー。』
私「・・・(゚Д゚)」








説明しよう
第一組曲とはほくすいブラスが一大決心で取り組んだ吹奏楽曲であり、今回がその合奏2回目である。






(私なんかがこの大所帯となったほくすいブラスの、しかも難曲の合奏で指揮なんか勤まるのかしら・・・)






焦る心


    迫りくる合奏時間


              乱れるスコア




































今、重大な事に気付いた。
この話、落ちが無い。



・・・隊長の指揮下で可もなく不可もなく合奏を終えたほくすいブラス一行は、カリフォルニアべいべーにご飯をいただきに行きましたとさ。めでたしめでたし。
今日のブログの注目ポイントは、惜しみなく改行しているところです。おわり