こんにちは
4番バッター 柴田です

火曜日にリレーになっているの記を書こうと思っていたのですが

満腹感と倦怠感と睡魔が
同時に私を襲ったので
書けませんでした。

ん~
なんか言い訳くさいな…

とりあえず寝ました



まぁ、でも
これも活動の一つなので
遅れましたが書きたいと思います。



火曜は私が潜水実習という
ダイビングの免許と
国家資格の潜水士の免許をとれる

なんとも心踊る大人気講義を受けていたため

途中参加となりました。


この実習ではこの日、
着衣水泳と一般的に言われる
服を着たまま泳ぐ
身体を守る大事な実習をやったのですが

私はそんな事よりも
女性がヒタヒタの服を来て泳ぐ姿に
一種の…
世間的に良く言われているのが
着エロ

その心を感じて

照れてました。

男ならば
きっとこの気持ちを理解してくれると思います。


うーむ
目の保養ってこの事か…






んで練習に着いた時には
ゲバゲバ90分は終わっていたため

陽はまた昇るからの参加でした


ヒロミ編曲のこの曲ですが
私は今までやったブラスの曲で
一番好きだなー

うむ、
皆さんもクラシックの世界に生きてるだけあって
素晴らしい。
これは完成度を高くつくりたいですね

主に主旋律の確認で時間がかかり終了


もう一曲は私編曲の
Soul Intro to the Chicken

音源聞いてきて下さいね。イメージがわかないみたいなので
その後の話は来週にでも

通して終わり



そうそう、
私は連絡が来るまで
知らなかったのですが

ももからのメーリスで
北大が札幌農学校の時代から
脈々と後輩へと引き継がれていった(かは定かではない)
ごっつぁんに

一先ず区切りをつける
ラストごっつぁんを行うことが決まりました。


そのため、例のごとく
ラッピへ

今まで笑っているだけだった後輩に
先輩の壊さ
目にもの見せてやるぜ!

密かに意気込み

伝家の宝刀
ふとっちょバーガー
かな

全ての空腹という脅威から
我が身を防ぐ盾
オムライス全部のせ
かな

過去の食い極ファイターをねじ伏せ続けた飛び道具
ふとっちょ3kgカレー
かな


などと物思いにふけて
ラッピに到着しましたが

私達の目には
予想を遥かに越えた
巨大 the ふとっちょ6kgカレー
という文字が


とりあえず
こんな攻めの姿勢を見せられたら

ほくすいブラスのドン
ももさんが
黙っちゃいませんよ。

無言でしたが

「行け」

「イエス、ボス」

というアイコンタクトをして
注文しました



私達は最後にヘルプにはいれるよう(一年生には内緒)
少なくめで待機



私達の方が当然出てくるのが早く
早々と完食

その後
万を辞してカレーが到着したわけですが


おごった先輩たちは感じたことでしょう
(あ、やりすぎた…)

そこに店員さんが
「(おぼんの)足が壊れてるので動かさないでくださーい」

(重みで壊れたんだ…)


まぁ、
これをある程度想定して
私達もそれなりに準備したので
まぁ、問題ないと食べさせる

次第に歪んでゆく
後輩の顔

野次る私達
野次る事への快感に
気付き始めてる私は

確実にSに目覚めつつありました


まぁ、ここまでは
いつものごっつぁんなのですが

この時確実に芽生えていたんでしょう

それを良しとしない
後輩達の復讐心が


この怒りは大抵
次の後輩へと受け継がれるものなのですが…


何を思ったのか
彼女達はレジに向かい何やら
注文しているのです。


そこからふと聞こえた店員さんの
「はい、3kgカレーですね」

という声に我らは凍りつきました

あー今日は楽しく帰れないな…
そんな事を考えつつ後輩を待ちました

バカな後輩です
自らの首を絞めてるとも知らず…

そんな事を考えていると
後輩達はまだ自分のカレーが残っているにも関わらず
ルンルンで帰ってきました


そこで私達が考えていた助け船の話をすると
彼女達の顔が一気に歪み
絶望的な顔をするではありませんか


快感


まぁ、
でも自分の分も来るしなー
なんて事を考えていると


チリンチリンと
聞き覚えのある音が鳴り
ふとっちょバーガーが二個運ばれてきました


…あれ?
話と違うぞ


後輩達によるとどうやら
カレーが足りなくなったらしいです

成る程!
こんなん余裕だぜ!
僕とヒロミはペロッと食べ終わりました

そして後輩達はたべきれませんでした



面倒になってきたので
おしまい