実家でも寒いものは寒い隊長の清田です。







今日はちょっと水産学部っぽいことを綴ります。







昨日隣町の鏡野というところにナマズを食べに行きました。







西日本では珍しいナマズの養殖場があるのです。







で前日に買いに行くことを連絡すると







「料理の仕方わからんじゃろうから料理しちゃるで!!」







とってもfriendlyなおっちゃんが対応してくれました。







ごっつぁん







で、養殖場に行くと三年もののナマズを用意してくれてました。







それを鮮やかなお手並みで三枚に下ろして







刺身と唐揚げを作って頂きました。







これが激うま







鰻みたいに小骨はなく、とっても脂がのってて海の魚よりずっと食べやすく感じました。







その後も骨煎餅や干物、フライとフルコースを頂きました。







専門店で食べると半身が五千円からする超高級食材です。







ビクビクしながら値段を尋ねると







「せっかくきてくれたんじゃけぇお金要らんよ」







いえいえそんなわけにもいきません







すでに我々(2人)の腹には三匹のナマズが入っております。







てなことで一匹分の卸値である2000円で取引成立しました。







養殖場経営の為になる話も聞けたし激安でナマズ食えたし大満足でした。











PSお土産に干物を沢山貰うたので新年会に持ってきます。